初めてLCCのスカイマークを利用した

LCCと変わらない料金

近年は飛行機に手軽に乗れる時代になり、今では新幹線と競合するほど低価格で乗ることが可能になりました。
中でもLCCの登場は仕事で頻繁に飛行機を利用する人や、少しでも安く旅行に行きたい人に人気を集めているが、LCCと言えばジェットスターやスターフライヤー、そしてスカイマークがメジャーです。
自分が普段利用するのは羽田空港なので、初めはジェットスターがセールなどによって価格も安い為、利用を検討していたが、オプションなどを付けると他のLCCと大差がないことが分かり、今回はスカイマークを利用することに決めました。
羽田空港に到着すると日本航空と同じビルにスカイマークがあったが、同じビルだと安心しているとカウンターはかなり離れた場所にあり、進めど進めでゲートナンバーが見つかりませんでした。
実は階段を下った場所にターミナルがあったようで、しかもバスに乗車する必要がありました。
つまり、羽田空港にも関わらずゲートから乗ることはできず、バスで移動してタラップから乗る方法で搭乗する形です。
また、手荷物があれば15キロまでは普通に運んでくれるので、危険なものが入っていないか検査にかけた後に運んでもらいました。
シールは自分で貼って荷物を預けるが、半券は空港にてスタッフの方が合っているのか照合する為、なくさないように注意が必要です。
搭乗は大手各社と同様に二次元コードを読み込むタイプだったので迷うことなくスムーズに進み、その後はバスで移動してタラップを使い搭乗、飛行機まで行くバスの中からは他の飛行機も見ることことができて楽しむことができました。

LCCと変わらない料金 / 安い分大手よりサービスは劣る / それでもLCCよりは良かった